あかすり湯花のチヅルさん序の章

あかすり湯花のチヅルさん序の章

あかすり湯花のチヅルさん序の章

■あらすじ古くから庶民に親しまれてきた銭湯「竹の湯」は、3人もの息子に恵まれながら跡を継ぐ者がおらず廃業も囁かれていた。店主の大竹ゲンは5年前に妻に先立たれて以来元気がない・・・手伝いに来てくれる3人の息子も跡を継ぐ気配がないので、いよいよ店をたたもうかと考えた頃三男のサブロウが婚約者のチヅルを紹介がてら竹の湯の暖簾を譲り受けると言ってくれたのだった。廃業を免れた竹の湯は、それでも身内ギリギリの人員でやりくりをしており、今はまだ店主であるゲンの他は三男のサブロウ・その妻チヅルしかいなかった。時々長男のイチロウや思い出したように風来坊の次男ジロウが顔を出すが、まったく当てにならない。そんな忙しい中にあって、年老いたゲンの楽しみはサブロウの妻チヅルの若く張りのある身体を愛でる事だった。最初のうちはただ遠くから眺めるだけであったが、やがてその距離は短くなり、スキンシップも見られるようになる・・・ここまでなら何も問題などなかったのだが、昨今は世間でいうセクハラ行為を平気で行うようになっており、チヅルからのクレームを何度も夫のサブロウは聞かされていた。何を隠そう、大竹ゲンは近所でも評判のエロじじいだったのである。廃業を免れ大きな心配事から解放されたゲンは、本能のままに欲望を開放させさらにチヅルのメスの香りに惹かれて、触手を自在に伸ばすのだった。若妻の肉壺に危機が迫ろうとしていた・・・義理の父であるゲンばかりか、その柔肉をその子宮を狙う輩が虎視眈々と牙を研ぎ澄ませているのだった。■仕様・フルカラー漫画・本編46枚(表紙1枚、登場人物紹介1枚、あとがき1枚を加え:合計49枚)・サイズ1412×2000px※断面図画像がございますので苦手な方はご注意ください。


あかすり湯花のチヅルさん序の章
あかすり湯花のチヅルさん序の章
あかすり湯花のチヅルさん序の章
あかすり湯花のチヅルさん序の章
あかすり湯花のチヅルさん序の章